選ばれる理由① 初学からの豊富な合格実績

毎年、初学の生徒も、学科試験に合格し続けています。本年度も、岩手医科大学に、9月の大手模試で偏差値44.7だった生徒が合格いたしました。

(※初学=入校時に1科目でもその科目を学んだことがない科目がある、あるいは、全科目の偏差値が30~40台の生徒と私たちは定義しています。)

選ばれる理由② 多浪生の豊富な合格実績

長年、浪人して苦労している経験はありませんか?思い立って医学部に行こうと決めたけど、何をしたらよいか分からない、なんてことはありませんか?

大手の模試の全国偏差値は高い偏差値が出るのに、最終合格までたどり着けない。文系、社会人から医学部に行きたいと思っているが、何をしたらよいか分からない。そのような生徒さんが、最終的に慶応進学会フロンティアから多く巣立っていってくれます。

今年は、ホームページに掲載している生徒以外でも、特に3浪以上の生徒(いわゆる多浪生)の合格実績が豊富です。2021年度からセンター試験などに入試要項の変更があります。その前に医学部に入りたい方は、是非当校の門をたたいてください。

選ばれる理由③ 学習カリキュラムーTERAKOYAー

私たちがなぜ、(失礼を承知で発言しますが)一般的に合格確率の低い生徒たちを毎年合格させ続けられるのか。その秘訣は、学習カリキュラムと学習環境(後述)にあります。

集団授業だと、そもそもカリキュラムについていけず、夏時点で他予備校に流れる生徒はたくさんいます。個別指導を取り続けても、結局自分のペースでやること=合格とはならず、合格できない生徒はたくさんいます。

集団授業は、高度成長期時代の放っておいても生徒が集まる時代の「施策」でした。個別指導は、少子化による、予備校業界の売り上げ減少を食い止める「施策」です。私たちは、「合格確率の低い生徒を合格させる」ことに対してコミットするにあたり、集団授業、個別指導に加えて新たな選択肢をご用意しました。

徹底して生徒目線に拘ることで生み出された究極の学習カリキュラム。それが-TERAKOYA-です。

選ばれる理由④ 勉強に集中できる学習環境

集団授業や個別授業やTERAKOYA-寺子屋-を行う教室や自習室はもちろん、個別のロッカーも完備し、勉強に集中できる環境が整っています。

さらに、2019年2月にリニューアルを行い、より洗練されたデザインの校舎は生徒からも人気を博しています。

選ばれる理由⑤ 全科目常勤講師による徹底サポート

当校では総合点合格主義を掲げ優先的に伸ばすべき科目を見極め指導することで、合格に最適な時間配分で受験勉強に取り組むことが出来ます。

それを可能にするのは、全科目常勤講師による指導です。

講師間のコミュニケーションを密にとる事で、全ての科目を踏まえた観点から生徒一人一人に合った学習計画を策定し合格を勝ち取ります。

当校を代表する主任講師陣はこちらです。

主任講師はこちら