私は現在高校生です。国公立医学部受験を考えています。

医学部在学中に生活費を自分でまかなうことは可能でしょうか?
わが家は普通のサラリーマン家庭です。できるだけ親に負担はかけさせたくないと思っています。
出来る限りの費用は自分で何とかしたいと思い、奨学金も考えましたが、定員枠が少なく、
自分にはかなり厳しいと判断しました。
親に相談したころ、「本気で医者を目指すなら。」と、受験費用、学費、家賃は親が負担すると
言ってくれました。
しかし、医学部に合格しても日々の勉強や研修や実習等もあるでしょうし、
実際アルバイトに時間を費やせる時間はどれくらい確保できるのか?
部活やサークル等に入らず、その時間をアルバイトに費やせば生活費は稼げるのか?
生活費(食費・光熱費等)は最低いくら必要か?
学費など以外に必要となる費用(参考書や実習や研修等で必要となってくる臨時の費用)はいくらか?
また、大学や住む場所によって、アルバイトの時給や実際にバイトに入れる時間や日数も変わってくるのでは?
と思っています。(例えば地方の大学なら、家賃や生活費は少し安く済むが、アルバイトの求人が少ない等?)
医学部生の方々の実態(アルバイトで生活費または家賃などを賄っている方、いた方)をお聞きしたいです。

医学部の学生アルバイトで多いのが家庭教師や予備校や塾のTA(チューター)です。
こういったアルバイトは比較的高給なケースが多く、短時間で稼げるので人気の職種となっているのが一般的です。
教える仕事というのにハマってしまって医学生でありながらフルタイムの予備校講師として(例えていうと大卒初任給の数倍もの)高額月収を得ながら、医大生との二足の草鞋の方もいます。また、家庭教師のアルバイトでも、案件によっては時給5万円などの特例もありますので、オススメのアルバイト職種のひとつには違いありません。

どれぐらい働けるかなど諸条件は、大学によってそれぞれ年次カリキュラム編成が大きく異なりますので一概にはいえません。

関連記事

  1. 続 コンディショニング

  2. 高校3年生の受験生です。

  3. 量質転化

  4. 年の瀬が近づいてきました

  5. 読むことと書くこと

  6. 「素直さ」という強み