垣本 真吾(かきもと しんご)

慶応進学会フロンティア講師:垣本 真吾(かきもと しんご)

■指導科目

物理・数学

■略歴

私立灘高校、東京大学農学部卒

■講師からのメッセージ

物理は暗記する事項がほとんどありません。一般的に難しいイメージのある物理ですが、本質の理解、そしてちょっとした解き方のコツをつかめれば今以上に物理が好きにそして得意になるでしょう。
自身の経験を振り返って、「普通の学校では教えてくれない」ような内容の授業を要点をかいつまんで行います。

高校物理は、大きく5単元しかなく最低限必要な公式も30に満たないので、理系科目の中で最も安定して高得点が狙える科目です。
にもかかわらず、多くの受験生が毎年学習に苦労している姿を見かけます。

どうしてなのか、その答えは簡単です。
単純に公式を丸暗記して解こうとするからです。

では、どうしたらよいのか。
3つのことを訓練するだけです。

最低限必要な公式をいつでも頭から取り出せるように叩き込むこと
数学の整数、不等式、関数、微積の基礎を身に付けること
設問をみて自分で正しい絵を描けるようになること、
です。

なぜなら、物理という学問は、自然現象の数式化だからです。

その3つのことを身に付けるために、私は基礎的な問題を何回も演習して正しい解法パターンを身に付けてもらった後に、初めて応用問題に手をつけてもらう教え方を徹底しています。

私も、正直学生の頃、物理で苦労しました。学校やハイレベルな塾講師がよく教えている微積で解く解法を、右も左も分からないうちから教わったからです。

ですが、例えば海にいった時、なぜ波が海岸に平行に打ち寄せられるか、物理の屈折の法則で説明できることを学んだ時、少し物理が楽しくなり、そうやって設問の自然現象をイメージして解いていく中で、なぜ微積で解くと楽なのかに気づいた時、ようやく「できる」に変わりました。

私の教え方が最も優れているかは分かりませんが、少なくとも皆さんと真摯に向き合うことは保障します。短い受験生期間を、共に乗り切りましょう!

授業外での質問も受け付けていますのでお気軽に!

慶応進学会フロンティア講師・垣本 真吾(かきもと しんご)・講師メッセージ

関連記事

  1. 慶応進学会フロンティア講師・本多雅樹

    本多 雅樹(ほんだ まさき)

  2. 橋本 将昭(はしもと まさあき)

    橋本 将昭(はしもと まさあき)

  3. 慶応進学会フロンティア講師:中村克己

    中村 克己(なかむら かつみ)

  4. 慶応進学会フロンティア講師:菅原俊介

    菅原 俊介(すがわら しゅんすけ)