岩手医科大学医学部 合格(30歳多浪でも合格)

30歳多浪でも合格することが出来ました

氏名:匿名
合格大学・学部:岩手医科大学医学部
MPPコースで1年間学習

 

①厳しい受験を乗り切った今、どんな気持ですか。

そうですね、浪人生活もけっこう長いこと過ごしてきて、当面の目標がまずは医者になることなので、
やっとスタートラインに立てたなという感じです。

 

②医学部を志望した動機を教えてください。

幼少の頃に病気をしまして、その頃にお世話になった医師に憧れて。

 

③予備校を選ぶうえで、慶応進学会フロンティアに決めた理由は何ですか。

これまで大手予備校に通った経験はありますが、医学部専門の塾に行ったことがなくて、いろいろ調べたところ、ここが面倒見が良さそうだなと感じたのが動機でした。

 

④慶応進学会フロンティアでの受験生生活はどうでしたか。

私の代は、生徒としては当然ながら私が一番年長でしたので、当初はどうなるかなと不安な面もありましたが、意外と肌に馴染んだというか、年長であるのを利用して、なし崩し的に勝手にクラスのカラーを決めちゃった部分もあるんですけど(笑)

自画自賛ですが、自分にとってもたぶん他の生徒にとっても勉強に快適な空間を作ることが出来たとおもうので、結果論かもしれませんが一番いい形での受験生生活を送れたと思います。

 

⑤どんなスケジュールで勉強していましたか。

春ごろは9時半に始まり20時半に帰るという生活をしていまして、当初はとりあえず医学部に入れればどこでもいいという感じだったんですが、

アドバイザーの先生に言われて最難関医学部目指してみないかと言われて、それでモチベーションも上がって、1時間増やして8時半の始まりから21時半までやるようになりました。

 

⑥講師の先生のサポートはどうでしたか。

講師のみなさん非常に柔軟なんですよね。

ガチガチな真面目な人からみたら、ここの先生方は気さくすぎるように見えるかもしれませんが、積極的にこちらからアプローチしていけば、いくらでも親身になって答えていただけるサービス精神旺盛な方ばかりなのでとても重宝しました(笑)。

 

⑦ご両親、ご家族のサポートはどうでしたか。

そうですね、私は受験生としては特殊な分、申し訳ない気持ちがありましたが、それでも親身になっていろいろサポートしてくれたのでとても有難かったです。

 

⑧志望校合格のポイントは何だと思いますか。

第1志望校を最高難易度に設定して己を厳しく戒めざる得ない状態にしたおかげで、それが功を奏して1年間ブレずに行けたことだと思います。
合格校に対して何らかの対策をとっていたのかというと、じつは過去問も1問も解かないで受験してしまったのですが

先生のアドバイスを真摯に聞いてやっていれば、それほど神経質に対策を取らなくてもどこの医学部でも合格できるところまで持っていけるとおもいます。

 

⑨将来の夢を教えてください。

現在光学系と医学の隔たりを感じているので医師免許を取得して自分がその橋渡しになれればいいなと思っています。

 

⑩最後に受験生へのメッセージを頂けますか。

指示される内容が一見無茶かなって思っても肚くくってバッて決めて、あとは先生を信じてそれをひたすらこなす。
その繰り返しを続けていけば結果は必ずついてくると思います。